【日時】 8月23日(木) 午後7時~8時半

【場所】 千葉科学大学 危機管理学科 講義棟 2208教室  入場無料 

【講師】 銚子地方気象台 佐々木 泉 課長 

【演題】 銚子の地震・津波等について 
  
【詳細】  (1)東日本大震災について
      (2)銚子における、2011.3.
11東日本大震災)と2012.3.14(房総沖地震)について
      (3)津波の基礎知識
      (
4)地域の防災【緊急・防災速報等】
      (5)液状化
      (6)
津波警報の改善について
      (7)質疑応答:30分

【講師プロフィール】 国土交通省・気象庁東京管区気象台銚子地方気象台  防災業務 課長
千葉県は、県庁所在地以外だけに気象台が設置されている、全国に4つしかない県です。その4つの地方気象台は、銚子(千葉)、熊谷(埼玉県)、彦根(滋賀県)、下関(山口)です。ここに、銚子の地形的・気象的特徴がよく現れています。銚子地方気象台は、1886(明治19)9月以来、126年間、観測を続けています。  

川口漁港311講演会の主催は、「めざせ!銚子ジオパーク」活動を通して、ジオ(大地・海・河川の生い立ち)と人々の暮らしとの関わりを中心に活動を行っている「銚子ジオパーク推進市民の会」です。

銚子では、昨年の3.11X2、3.164.124.21~今年の3.14と相次ぐ震度5以上( X2は1日に2回、 青字の日は5強、緑字の日は5弱)の地震(写真右下)があり、昨年の3.11津波(写真左)の影響も受けました(ブログ「ジオ別館」の『千葉東方沖~茨城沖~福島沖』、および『黒生漁港沖21.8km、深度10km、M6.1』参照)。
これらを乗り越えてきた銚子市民に向けて、千葉東方沖地震も、茨城県沖地震も、 福島県沖地震も、未だ収束しない中、防災講演会を開催します。

川口液状化311講師には、日頃から気象だけでなく、 河川水位・潮位・地震・津波の観測を行い、予報・警報・注意報等の発令に寄与して活動しておられる、地元・銚子市川口町の銚子地方気象台から防災業務の課長をお招きします。
気象台での日頃の活動内容や、防災のために市民が今できることについて、講演して頂くことになりました。

今回は、 千葉科学大学の賛同を得て、日頃、大学と共催している「定例勉強会」の時間枠で、その時に使用される教室をお借りして、講演会を実施します。
「市民の会」会員の方だけでなく、幅広くお誘い合わせの上、お越し下さい。