■ 屏風ヶ浦 ~「東洋のドーバー」で地球の歴史に出会う ~  

屏風ヶ浦pan0424-001
【日時】
2012年4月28日(土)10:00~14:00
市民ガイドがご案内を受け付ける時間帯
(事前予約不要、朝7時の段階で降雨を確認した場合は原則として中止します
※市民ガイドは、「第1回銚子ジオパーク基礎講座」と 「マスター講座」を修了した市民の有志です。

屏風ヶ浦pan0424-002
左上は屏風ヶ浦・全体の地図 (薄いピンクは銚子市域の境界)、クリックすると拡大します。 

【集合場所】

名洗遊歩道入口千葉科学大学 西側駐車場の奥の『屏風ヶ浦』解説板前の広場
右上のGoogle航空写真をクリックすると、
名洗遊歩道と『屏風ヶ浦』 解説板と駐車場の位置関係がよく分かります。
目印:『銚子ジオパーク構想』ノボリ旗数本(右写真)が立っています。  NoboriCityInuboEd316         

駐車場  
千葉科学大学駐車場
 
【アクセス】
千葉交通バス:銚子駅から千葉科学大学行き「千葉科学大学
本部キャンパス)前」
         
 バス10分、下車徒歩10分

【概要】
下総台地を形成する地層群が、海底での堆積後に隆起し、ミルフィーユ状の層になって露頭し、飯岡の刑部岬に向かって、緩く傾斜しており、「東洋のドーバー」と呼ばれています。
ここは、人類誕生前後の両方の地層を、同時に見ることができる、貴重な場所でもあります。

説明内容
名洗層の地層の構成、名洗層の地質年代、地質学の三法則、正断層、浸食、海岸地形、Na-G(ガーネットタフ)など。  

【必要なもの】
筆記具、カメラ、飲料水、日焼け止め(晴天の場合) 

【事務手続き】
集合場所に「見学者名簿」が用意されています。保険の都合上、必ず、氏名・年齢・電話番号をご記入下さい。
不参加の場合でも、基礎講座の出欠回数には関係しません。お時間のある方は、ご参加ください。


【問い合わせ先】
千葉科学大学内  銚子ジオパーク推進の会
TELとFAX 0479ー30-4638(平日10:00~16:00)