2012年10月

マスター講座 第1回 「地震ハザードマップのできるまで・できてから」

【日時】 2012年10月25日(木) 午後7時~午後8時半

【場所】 
千葉科学大学 危機管理学部 講義棟 2208教室

【講師】 千葉科学大学 危機管理学部 危機管理システム学科 藤本 一雄 准教授
      地震工学、地震防災学、災害リスク・マネジメント、防災GIS 専攻 

【演題】 防災Ⅲハザードマップのできるまで・できてから 

【受講料】 500円/回
       マスター講座として連続受講される方は、当日、会場で、「銚子ジオパーク推進市民の会」に
       入会されると、マスター講座の受講は無料となります。「
市民の会」会費は年1000円です。
             
入会に関するお問い合わせは、「 市民の会HP 」の「 入会案内 」をご覧ください。
       マスター講座に関しては、『 「銚子ジオパーク・マスター講座」開講のお知らせ 』をご覧ください。

【講師からのメッセージ】
 ハザードマップは、「災害予測地図」と呼ばれるもので、自然災害の種類(地震、津波、洪水、高潮、土砂災害、火山など)ごとに作られて、こにどのような自然災害の“危険”があるのかを教えてくれるものです。
 例えば、地震のハザードマップは、大きな地震が起こったとき、自分たちのまちがどれくらいの揺れ(震度)に見舞われるかを、地図で表したものです。
 今回の講演では、この地震のハザードマップがどのようにして作られるのかを説明するとともに、そのマップを利用する上での課題は? どのように活用すべきなのか?について解説します。 

【講演内容一部抜粋】
       () ハザードマップとは
       (1) 津波ハザードマップの例
       (2) 最近の地震発生状況(30日間)
       (3)
 揺れやすさマップ(千葉県)
       (4)
 予想震度マップ(銚子市)  
       (5
 建物被害予測マップ(銚子市)
       (
) ハザードマップの配布・活用方法 
       (7) 住民参加の仕組み  

川口漁港津波銚子では、昨年の3.11X2、3.164.124.21~今年の3.14と相次ぐ震度5以上( X2は1日に2回、 青字の日は5強、緑字の日は5弱)の地震があり、昨年の
3.11では津波の影響も受けました。
写真左:利根川を遡上する津波
写真右下:津波でカフェの室内に運ばれた車。

(ブログ「ジオ別館」の『千葉東方沖~茨城沖~福島沖』、及び『黒生漁港沖21.8km、深度10km、M6.1』参照)
 
カフェマリーナ内の車これらを乗り越えてきた銚子市民に向けて、千葉東方沖地震も、茨城県沖地震も、 福島県沖地震も、未だ収束しない中、防災に関して、3度目の勉強会を開催します。

今回は、 昨秋同様、千葉科学大学と共催する「銚子ジオパーク・マスター講座」の時間枠で、その時に使用される教室で実施します。
「市民の会」会員の方だけでなく、幅広くお誘い合わせの上、お越し下さい。

「2012銚子ジオパーク・マスター講座」 開講のお知らせ

昨秋に引き続き、「2012銚子ジオパーク・マスター講座」を、下記の通り、開催致します。

                記

【期間】 2012年10月25日(木)~2013年3月22日(金) 全6回

【時間帯】 午後7時~午後8時半  (第5回のみ、午後6時半~午後8時)

【場所】 千葉科学大学 危機管理学部 講義棟 2208教室

【講師】 千葉科学大学 危機管理学部 藤本 一雄 准教授 ほか
 
【講義題名】   
 (1) 2012年10月25日(木) 「地震ハザードマップのできるまで・できてから」
 (2) 2012年11月22日(木) 「猿田神社縁起について
 (3) 2012年12月20日(木) 「地質学会関東支部会・第四紀学会合同による銚子巡検に参加して」(前半)、
                     および、「屛風ヶ浦の地質について(後半)
 (4) 2013年01月24日(木) 「伊能忠敬と銚子の関わりについて」(前半)、および、
                    「銚子半島・東海岸の地質について」(後半)、レポート・テーマ提示
 (5) 2013年02月28日(木) 「房総半島の地質の全体像と銚子地域の地質の特徴」および、レポート提出
 (6) 2013年03月21日(木) 「茨城県北ジオパークと銚子ジオパークの地質について(前半)、および 
                    「マスター講座レポート講評、修了証書授与」(後半)
                    
  上記の題名は、講師都合により、変更することがあります。

【受講料】 1回につき500円
       但し、受講当日に「銚子ジオパーク推進市民の会」に入会されると受講料無料
       「銚子ジオパーク推進市民の会」の年会費は1000円、毎年更新
       入会に関するお問い合わせは、「市民の会HP」の「入会案内」をご覧ください。


「2012銚子ジオパーク・マスター講座」は、「銚子ジオパーク推進市民の会」 と千葉科学大学との共催です。
講座修了時には、千葉科学大学学長から修了証書が授与されます

「銚子ジオパーク推進市民の会」 は、千葉科学大学とともに、今春、「2012銚子ジオパーク基礎講座」を開催致しました。
マスター講座は、基礎講座を受講された皆様に向けて、ジオ・マスター資格取得に必要なスキルの更なる向上を目指して、開講するものです。
基礎講座とマスター講座、双方の修了証書を授与され、かつ、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)として、現地見学会でのジオ・ガイドにおいて一定以上のガイド・スキルを積まれた方は、ジオ・マスターに認定されます。

マスター講座と基礎講座の内容には独立性があるので、今秋からジオパーク活動に参加される方は、「2012マスター講座」を先に受講され、その後、来春の「2013基礎講座」を受講されても、問題はありません。

ジオ・マスターを目指す場合以外で、マスター講座だけを受講される方の受講も、大いに歓迎致します。
また、ご都合があって、全6回を受講できない方も、上記規定の範囲で、受講可能です。

10月27日(土)海岸清掃&野外見学会_屏風ヶ浦のご案内

■ 屏風ヶ浦 ~「東洋のドーバー」で地球の歴史に出会う ~  

屏風ヶ浦pan0424-001
【日時】
2012年10月27日(土)9:00~12:00
清掃は9:00~10:00
市民ガイドがご案内を受け付ける時間帯は
10:00~12:00
※市民ガイドは、「第1回銚子ジオパーク基礎講座」と 「マスター講座」を修了した市民の有志です。
(事前予約不要、朝7時の段階で降雨を確認した場合は原則として中止します

屏風ヶ浦pan0424-002
左上は屏風ヶ浦・全体の地図 (薄いピンクは銚子市域の境界)、クリックすると拡大します。

 今回は屛風ヶ浦の海岸を、先ず清掃(1時間)し、次に見学会(2時間)を行います。

 「銚子ジオパーク推進市民の会」では、銚子のジオサイトとして知られる、犬岩・屏風ヶ浦・犬吠埼などの清掃を、毎月、実施しております。
 率先して清掃活動を行うことで、銚子を、ゴミを捨てない街、ゴミのない街に、してゆきましょう。
 皆さんの参加をお待ちしております。 


【集合場所】

名洗遊歩道入口千葉科学大学 西側駐車場奥の『屏風ヶ浦』解説板前の広場
右上のGoogle航空写真をクリックすると、
名洗遊歩道と『屏風ヶ浦』 解説板と駐車場の位置関係がよく分かります。
目印:『銚子ジオパーク構想』ノボリ旗数本(右写真)が立っています。推進協ノボリEd2         

駐車場  
千葉科学大学駐車場
 
【アクセス】
千葉交通バス:銚子駅から千葉科学大学行き「千葉科学大学
本部キャンパス)前」
         
 バス10分、下車徒歩10分

【概要】
下総台地を形成する地層群が、海底での堆積後に隆起し、ミルフィーユ状の層になって露頭し、飯岡の刑部岬に向かって、緩く傾斜しており、「東洋のドーバー」と呼ばれています。
ここは、人類誕生前後の両方の地層を、同時に見ることができる、貴重な場所でもあります。

【ガイドの説明内容
名洗層の地層の構成、名洗層の地質年代、地質学の三法則、正断層、浸食、海岸地形、Na-G(ガーネットタフ)など。  

【清掃に必要なもの】 軍手、ゴミ袋(レジ袋など)、火バサミ(長めのトング)

【清掃の注意事項】  (1)  ゴミを拾う段階で、不燃と可燃に、分別しましょう。
              ペットボトルは可燃に、ビン・カンは(汚れているので)不燃に、お願いします。 
              (2)  作業終了前に、ゴミを詰めたビニール袋の口元を結びましょう。 

【見学に必要なもの】 筆記具、カメラ、飲料水、日焼け止め(晴天の場合) 

見学事務手続き】
見学者の方は、集合場所に「見学者名簿」が用意されています。保険の都合上、必ず、氏名・生年月日・住所をご記入下さい。

【トイレ】 銚子マリーナ

【問い合わせ先】 銚子ジオパーク推進協議会(銚子市役所内
TEL : 0479-24-8739(平日09:00~17:00)   FAX :0479-22-3466
メール : choshigeopark@city.choshi.lg.jp 

「イオンの毎月11日のレシート」を「市民の会」のBOX へ

 「銚子ジオパーク推進市民の会」は、『イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン』の今年度の指定団体になりました。
YellowBox_img001
 イオンが実施しているこのキャンペーンでは、毎月11日に発行される黄色いレシートを、指定団体のBOXに投函すると、BOX内のレシート合計金額の1%に相当する物品を、イオンがその指定団体に、半年に一度、寄贈する仕組みです。

 投函BOXは、イオン店内(右写真はイオンHPの環境・社会貢献活動より)に設置されており、寄贈される物品は、指定団体が希望するものです。
 イオン銚子の投函BOXは、コージー・コーナー後ろのエスカレーター脇にあります。
 
 ここで、キャンペーンの指定団体は、イオンの地域貢献企画に沿った活動分野の、地域ボランティア団体です。
 
 BOXに投函できるのは、イオン銚子店が11日に発行する黄色いレシートだけでなく、イオンモール銚子の専門店が11日に発行する白いレシートも対象です。
 
 「銚子ジオパーク推進市民の会」は、銚子の地層や自然環境に関心を持ち、それを大切にして、次世代に引き継ぐべく、「めざせ!銚子ジオパーク」をモットーに活動している、ボランティア団体です。
 
 この趣旨に賛同される方は、毎月11日にイオン銚子店とイオンモール銚子を利用して受け取ったレシートを、イオン店内の「銚子ジオパーク推進市民の会」のBOXへ投函されるよう、お願い致します。 

小学生1dayジオ 『 ひらめき・ときめき_屏風ヶ浦 』

■ 祝!銚子ジオパーク認定記念 ~ 屏風ヶ浦 de 小学生1dayジオ

ByobugauraGakukyou
 この9月24日に、「日本ジオパーク・ネットワーク正会員」に認定された「銚子ジオパークは、『 地層の野外博物館 』です。

 銚子には、日本でも珍しいジオサイト(地質遺産)が点在しています。   
 中でも、東洋のドーバーと呼ばれる屏風ヶ浦の地層を、間近で見学できる、素晴らしい環境にあります。 

20111227022046 小学生の皆さん、「屏風ヶ浦ジオツアー」(写真右上)で、見て、触って、地球の歴史を体感しませんか?

 昼食後には、フリッパー号に乗船しての「屏風ヶ浦ジオクルーズ」(写真左)で、海からしか見ることのできない、屏風ヶ浦の地層の不思議に迫ります。

画像 010
 午前のジオツアー前に、千葉科学大学の実験室(写真右)で、顕微鏡などを使って、「屏風ヶ浦の地層の形成」を学びます。

 この「小学生1dayジオ」受講後は、「
未来博士」が授与されます。
 屏風ヶ浦の素晴らしい自然環境について、学んで、見て、触れて、「理科大好き小学生」になりましょう

 詳細は、日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス」実施プログラム(地学・自然分野)
 「
千葉科学大学 銚子ジオパーク構想における持続発展教育(ESD)プログラムの実践
をご覧ください。 
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ